ホルモンと体のつながり

生理周期でお肌が変わる


■ 女性は生理周期でお肌の状態が変わります                                   


ilm09_da09003-s.jpg
   女性には女性ホルモンの影響があるので一定のリズムで月経があります。
   妊娠できる状態を保つために女性ホルモンの働きによって色んな役割を果たされています。


   例えば


    1、排卵前には「 エストロゲン 」という卵胞ホルモンが分泌されて子宮内の卵胞を
      成熟させます。


    2、排卵後、卵子が飛び出した卵胞から、体温を上げる黄体ホルモン「 プロゲステロン 」が分泌され、
      ます。
      プロゲステロンとは卵巣から分泌される女性ホルモンで卵胞発育の抑制など性周期後半の維持や
      子宮内膜の肥厚など妊娠を促す役割があります。


    3、「 プロゲステロン 」の働きで体温は上がり、高温期に入ります。
      続いて「 エストロゲン 」も分泌され、やわらかく・厚い子宮内膜を作り、妊娠を待つ状態となります。


    4、受精しなかった場合は「 プロゲステロン 」「 エストロゲン 」ともに分泌が低下します。
      増殖した子宮内膜がはがれ落ち、月経の始りとなります。


 ■ エストロゲンは美肌ホルモン                                        


ilm19_cb02025-s.jpg

   「 エストロゲン 」は美肌ホルモンとも呼ばれています。
   女性ホルモンの1つで主に卵胞や黄体から分泌され、子宮の発育や子宮内膜の増殖・
   乳腺の発達など女性らしい身体つきにさせる働きがあります。


   「 エストロゲン 」は女性にとって大切な働きがあり、美肌に潤いとハリをもたらす
   コラーゲン線維を増やします。


   また、新陳代謝を高めて、肌が新しく生まれ変わるのをサポートしています。


   よって、低温期の時には肌の調子が良いです。


 ■ 高温期には肌荒れ                                             


   排卵後から、月経までの高温期は「プロゲステロン 」の分泌時期なので、身体が水分を溜め込み
   やすいために、むくみや皮脂の分泌も過剰になり、月経前に体重の増加や便秘や肌荒れ、またはニキビ
   などの症状がでるのもこの時期です。

     
   月経前はイライラしたり、不快感などを感じたりしますが、リラックスすることが大切です。


   また、ちょっとした間食などにチョコレートはお肌の為にも控えてください。


 ■ チョコレートが与えるお肌への影響                                    


   チョコレートやナッツ類がお肌に与える影響についてお話したいと思います。


   ■ チョコレート


   チョコレートが肌荒れの原因になるというは本当でしょうか?
   チョコレートには糖分が多く含まれており、糖分は体内で脂質に変わり、ニキビや脂性っぽくなって
   しまいます。
glosc076-s.jpg
   基本的に糖分の多い食べ物を体内に取り入れてしまうと、血糖値が上がって
   しまい、ホルモンバランスも乱れるといった影響があります。
   ホルモンバランスが乱れるとお肌への影響として、肌荒れなどを起こしてしまい
   ます。


   ただし、カカオはTVでも話題になったように、ポリフェノールを豊富に含んで
   いるので、肌の老化を防ぐ働きがあります。


   それ以外の働きとしては、副交感神経の活動がアップすると言われ、リラックス効果があると言われています。
   そのために、疲れた時などにチョコレートを食べると、脳をリラックスさせリフレッシュできるということです。


次のページ ⇒ ⇒ ⇒ 男性ホルモンが肌へ与える影響


お肌の専門家に取材!

 

スキンケアの基礎知識

 

スキンケア商品

 

内側からのスキンケア商品

 

ホルモンと体のつながり

 

男性スキンケア

 

お肌の悩み(ニキビ篇)

 

大人ニキビのスキンケア商品

 

お肌の悩み